石英ガラスは、光をよく通す、不純物が極めて少ない、熱に強い、薬品に侵されにくい
という特徴を有しており、半導体分野、光源分野、通信分野等様々な分野で使用されています。

石英ガラスの主な特長

光をよく通す

紫外線から赤外線まで広い波長範囲で
良好な透過特性をもっています。

不純物が極めて少ない

SiO2のみからできており、金属の不純物を
ほんのわずかしか含んでいません。

熱に強い

石英ガラスの軟化点は1700℃程度と非常に
高く耐熱性に優れており、また、熱膨張係数も
小さいため急激な温度変化にも耐えられます。

薬品に侵されにくい

石英ガラスは科学的に極めて安定であり、
優れた耐薬品性をもっています。

半導体・光源プロセスに広く用いられています。